プライベート名刺を作るコツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

初対面の方や親交を深めたい人に渡すことで、スムーズにコミュニケーションを取ることができるプライベート名刺。プライベート名刺を作るときに気をつけるべきポイントやコツとはなんでしょうか。

カメラプライベート名刺とはビジネス用の名刺と違い、堅苦しいテンプレート通りのデザインはあまり好ましくありません。プライベートという利点を生かし、自分の個性を存分に入れ込んでいく必要があります。イラストや写真を使うことで趣味や特技をアピールしたり、フォントをあえて崩したりすることによって目を引いてみるなど、いかにオリジナリティーを発揮できるかを念頭に置いて制作していきましょう。

趣味や特技を名刺に載せる場合、具体的な情報を入れることが重要です。例えば趣味が音楽鑑賞だった場合、どんな音楽が好きか、最近聴いた音楽は何か、過去に聴いた音楽で印象に残っているものはどんなものかなど、相手が共通点として話題に繋げやすいような情報を入れておくとよいでしょう。

ビジネス用の名刺が会社の顔だとしたら、プライベート名刺は貴方自身の顔を作る意気込みで制作してみるのがオススメです。その名刺を通じて、相手が意外な一面に気付き、さらに友好な関係を築いていけるかもしれません。個性的な名刺作りを心掛けたいです。