プライベート名刺の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社での付き合いでは頻繁に使用する名刺ですが、仕事を離れた場所でどのように使うのかイメージがつかないという人もいると思います。プライベート名刺を使う場所は場面には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

乾杯まず思いつくのが、ママ友同士の交流や同窓会などでのパーティ、趣味の集まりやオフ会などでも活用できそうです。新たな交友関係が広がりそうだと思う場面では、プライベート名刺が活躍します。SNSのアカウント名や電話番号やメールアドレスアドレスのような連絡先は口頭では説明しにくいですし、手書きだと後から読み返してみて読むことができないということがよくあります。きちんと印刷された名刺を持っていれば、そんなミスも防ぐことができます。また、外国の方との交流や高齢者の方に挨拶する場合にも有効です。これは、写真やイラストを使って言語を使わないコミュニケーションが取れるという点が強いためです。自分の趣味の写真を載せておけば、その後の会話も弾むかもしれません。

なかなかイメージし辛いプライベート名刺の使い道ですが、あらゆる場面で便利に使うことができます。外出のときに携帯しておけば、突然の出会いにも余裕を持って対応できるに違いありません。