プライベート名刺を作るコツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

初対面の方や親交を深めたい人に渡すことで、スムーズにコミュニケーションを取ることができるプライベート名刺。プライベート名刺を作るときに気をつけるべきポイントやコツとはなんでしょうか。

カメラプライベート名刺とはビジネス用の名刺と違い、堅苦しいテンプレート通りのデザインはあまり好ましくありません。プライベートという利点を生かし、自分の個性を存分に入れ込んでいく必要があります。イラストや写真を使うことで趣味や特技をアピールしたり、フォントをあえて崩したりすることによって目を引いてみるなど、いかにオリジナリティーを発揮できるかを念頭に置いて制作していきましょう。

趣味や特技を名刺に載せる場合、具体的な情報を入れることが重要です。例えば趣味が音楽鑑賞だった場合、どんな音楽が好きか、最近聴いた音楽は何か、過去に聴いた音楽で印象に残っているものはどんなものかなど、相手が共通点として話題に繋げやすいような情報を入れておくとよいでしょう。

ビジネス用の名刺が会社の顔だとしたら、プライベート名刺は貴方自身の顔を作る意気込みで制作してみるのがオススメです。その名刺を通じて、相手が意外な一面に気付き、さらに友好な関係を築いていけるかもしれません。個性的な名刺作りを心掛けたいです。

プライベート名刺の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社での付き合いでは頻繁に使用する名刺ですが、仕事を離れた場所でどのように使うのかイメージがつかないという人もいると思います。プライベート名刺を使う場所は場面には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

乾杯まず思いつくのが、ママ友同士の交流や同窓会などでのパーティ、趣味の集まりやオフ会などでも活用できそうです。新たな交友関係が広がりそうだと思う場面では、プライベート名刺が活躍します。SNSのアカウント名や電話番号やメールアドレスアドレスのような連絡先は口頭では説明しにくいですし、手書きだと後から読み返してみて読むことができないということがよくあります。きちんと印刷された名刺を持っていれば、そんなミスも防ぐことができます。また、外国の方との交流や高齢者の方に挨拶する場合にも有効です。これは、写真やイラストを使って言語を使わないコミュニケーションが取れるという点が強いためです。自分の趣味の写真を載せておけば、その後の会話も弾むかもしれません。

なかなかイメージし辛いプライベート名刺の使い道ですが、あらゆる場面で便利に使うことができます。外出のときに携帯しておけば、突然の出会いにも余裕を持って対応できるに違いありません。

プライベート名刺とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

名刺といえば思い付くのが、ビジネスマン同士の挨拶の場面が一般的だと思います。しかし、近年仕事を離れた場面で名刺を使う人が増えています。いろいろなシーンで活用されるプライベート名刺とはどのようなものなのでしょうか。

名刺プライベート名刺とは、会社を離れたパーティーやママ友同士の交流の場、同じ趣味を持つ仲間とのふれあいの場所などで使われる名刺のことで、ビジネス用の名刺よりもくだけた内容を載せることができるのが特徴のひとつです。むしろ、ビジネス用の名刺のような形式的なデザインではインパクトに欠けて、印象に残らないかもしれないという恐れがあります。自分の個性が最大限に活かせるようなデザインを作るように心掛けましょう。こういった場面だけでなく、外国の方や高齢者の方との交流にも非常に強い力を発揮します。それは、写真やイラストを自由に入れることができるため、たとえ言葉を使ったコミュニケーションが難しい場合でも、趣味や特技などの自分の特徴を相手に伝えることができるためです。文字を大きくすることで、目が不自由な方にも対応できるというのも嬉しいところ。このように、さまざまな場面を想定しながらデザインを考える楽しさがあるのがプライベート名刺の最大の特徴と言えるでしょう。

人と仲良くなるのは、誰でも最初は緊張するものです。そんなときにプライベート名刺の存在があれば、人生がより一層豊かになりそうな気がします。プライベート名刺について知りたい人の力になれるページを書かせていただきました。是非ご覧下さい。