プライベート名刺とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

名刺といえば思い付くのが、ビジネスマン同士の挨拶の場面が一般的だと思います。しかし、近年仕事を離れた場面で名刺を使う人が増えています。いろいろなシーンで活用されるプライベート名刺とはどのようなものなのでしょうか。

名刺プライベート名刺とは、会社を離れたパーティーやママ友同士の交流の場、同じ趣味を持つ仲間とのふれあいの場所などで使われる名刺のことで、ビジネス用の名刺よりもくだけた内容を載せることができるのが特徴のひとつです。むしろ、ビジネス用の名刺のような形式的なデザインではインパクトに欠けて、印象に残らないかもしれないという恐れがあります。自分の個性が最大限に活かせるようなデザインを作るように心掛けましょう。こういった場面だけでなく、外国の方や高齢者の方との交流にも非常に強い力を発揮します。それは、写真やイラストを自由に入れることができるため、たとえ言葉を使ったコミュニケーションが難しい場合でも、趣味や特技などの自分の特徴を相手に伝えることができるためです。文字を大きくすることで、目が不自由な方にも対応できるというのも嬉しいところ。このように、さまざまな場面を想定しながらデザインを考える楽しさがあるのがプライベート名刺の最大の特徴と言えるでしょう。

人と仲良くなるのは、誰でも最初は緊張するものです。そんなときにプライベート名刺の存在があれば、人生がより一層豊かになりそうな気がします。プライベート名刺について知りたい人の力になれるページを書かせていただきました。是非ご覧下さい。

 

名刺について思うこと

名刺について、私が感じたことをお話します。私は仕事をしているときは、それを必ず持っていました。そして、必ず誰かに会ったときは、その名刺を渡していました。ですから、名刺は自分の体の一部のように、感じていたのです。そして、名刺をたくさん作成しているのですが、会った人に渡していると、すぐになくなってしまいます。ですが、なくなった時に、私は名刺の作成をいいものにしていったのです。

それは、名刺をもらったときに、これはいいと思うものについて、次に作るときに、採用しようと考えていたのでした。そして、それを繰り返し行っているうちに、すごく印象的なものを作成することができました。まず、色について考えました。そして、そこに記載する内容についても、会社を宣伝する内容を盛り込みました。裏も有効活用し、いろいろと宣伝をいれたのです。その結果、名刺を渡したときに、必ず私の名刺について、感想をいってもらうことができたのです。

 

世にも珍しい赤い名刺

皆さんは名刺の色から何色を想像しますでしょうか。多くの場合、白い紙に何色かの文字が印字されている事がほとんどです。それならば、赤い名刺を見た事はありますでしょうか。少なくとも、私は有りません。ですが、現実にその名刺は存在します。赤い紙に会社情報などを掲載するのです。かなり珍しいパターンという事だけは断言できます。中には、赤い名刺のど真ん中に自分の名前のイニシャルを印字するタイプも有ります。仮に私の名前が佐藤でしたら、赤地の紙のど真ん中に大きな字でSと書いてあるタイプです。少なくとも、相手にインパクトを与える事だけは確実です。

特に、会社名だけは覚えていながらも担当者名は覚えていないというケースは多々有るものです。相手に名前を覚えておいて欲しい場合などには有効なタイプです。何も赤に限りません。中には黒い名刺も実在します。黒地の紙の左側に、あなたの名前が大きく印字されるタイプです。この場合は、名前のフォントが意外と重要な事が多いものです。和風なフォントで書くと、どことなく和風魂のようなものを相手に与える事なども可能なのです。オーソドックスな白色の名刺は無難ではありますが、このように色で相手にインパクトを与える作戦も有るのです。

Published by 運営者