プライベート名刺を作るコツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

初対面の方や親交を深めたい人に渡すことで、スムーズにコミュニケーションを取ることができるプライベート名刺。プライベート名刺を作るときに気をつけるべきポイントやコツとはなんでしょうか。

カメラプライベート名刺とはビジネス用の名刺と違い、堅苦しいテンプレート通りのデザインはあまり好ましくありません。プライベートという利点を生かし、自分の個性を存分に入れ込んでいく必要があります。イラストや写真を使うことで趣味や特技をアピールしたり、フォントをあえて崩したりすることによって目を引いてみるなど、いかにオリジナリティーを発揮できるかを念頭に置いて制作していきましょう。

趣味や特技を名刺に載せる場合、具体的な情報を入れることが重要です。例えば趣味が音楽鑑賞だった場合、どんな音楽が好きか、最近聴いた音楽は何か、過去に聴いた音楽で印象に残っているものはどんなものかなど、相手が共通点として話題に繋げやすいような情報を入れておくとよいでしょう。

ビジネス用の名刺が会社の顔だとしたら、プライベート名刺は貴方自身の顔を作る意気込みで制作してみるのがオススメです。その名刺を通じて、相手が意外な一面に気付き、さらに友好な関係を築いていけるかもしれません。個性的な名刺作りを心掛けたいです。

 

印刷に失敗した名刺の活用

名刺を自分で印刷しますと印刷ミスなどが発生する可能性もあります。ほんの少し汚れたくらいでしたら使ってもいいのではと思うかも知れませんが、ビジネスの世界では絶対に少しでも汚れていたりミスをしている名刺は使わないようにしてください。文字を読むのに全く支障がなかったとしてもほんの少しでも汚れていますと先方さんに不快感を与えてしまう可能性があるからです。ミスしたものを渡してもいい相手だと思われている、あるいはビジネスに大切なものをちゃんと確認もせずに渡していると解釈されてしまいます。

しかし失敗したものの使える名刺を捨ててしまうのはもったいないというのは事実です。この場合には失敗した名刺はプライベートで使うようにしてください。プライベートでしたら少し汚れているものでも問題なく使うことができます。また、汚れが気になるのでしたら、装飾などを行ってかくすこともできるのです。これはビジネス目的でしたらできないことですがプライベート目的の名刺でしたらできます。ですので是非失敗したものでも活用してみてください。プライベートでの活用の用途が無いのでしたら、裏の印刷されていない面を使って次に名刺を印刷するときのテスト用にするのもお勧めです。

 

私は名刺を自分で作成して印刷を外注しています。

みなさんは名刺を作成したことがありますか。最近は簡単に名刺を作成するソフトも販売されていて、誰でも比較的簡単に名刺を作成出来るようになりました。私は、仕事で名刺作成をしています。イラストを描くためのアプリケーションソフトを使用し、作成していますが、それなりに注意を払わなくてはいけない点があります。カラーは印刷用のCMYKカラーを使い、断裁した際に隅が見苦しくならないように、塗り足しもしっかり行います。

そして、出来あがったデータを印刷会社に入稿する前に必ずチェックするのが、データのアウトライン化です。これを行っていなくて、印刷会社に同じフォントがない場合、代用フォントに置き換えられてしまいます。当然仕上がって来る名刺は意図していたものと違ってしまうということが生じます。個人的に名刺を作成する場合は細かい点など知らなくても問題ありませんが、やはり専門的になると、少々難しくなって来ます。名刺作成もなかなか奥が深いのです。

 

プライベート名刺の使い方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社での付き合いでは頻繁に使用する名刺ですが、仕事を離れた場所でどのように使うのかイメージがつかないという人もいると思います。プライベート名刺を使う場所は場面には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

乾杯まず思いつくのが、ママ友同士の交流や同窓会などでのパーティ、趣味の集まりやオフ会などでも活用できそうです。新たな交友関係が広がりそうだと思う場面では、プライベート名刺が活躍します。SNSのアカウント名や電話番号やメールアドレスアドレスのような連絡先は口頭では説明しにくいですし、手書きだと後から読み返してみて読むことができないということがよくあります。きちんと印刷された名刺を持っていれば、そんなミスも防ぐことができます。また、外国の方との交流や高齢者の方に挨拶する場合にも有効です。これは、写真やイラストを使って言語を使わないコミュニケーションが取れるという点が強いためです。自分の趣味の写真を載せておけば、その後の会話も弾むかもしれません。

なかなかイメージし辛いプライベート名刺の使い道ですが、あらゆる場面で便利に使うことができます。外出のときに携帯しておけば、突然の出会いにも余裕を持って対応できるに違いありません。

 

メンバーの素敵な名刺。

音楽のお仕事を一緒にがんばっていたサックスのメンバーがいます。このメンバーに以前とても素敵な名刺をもらいました。薄いブルーの名刺ですので、見やすいな、と感じています。このサックスのメンバーの名刺は、今でも手帳に入れています。このメンバーは、以前結婚をしました。奥様も見たことがあります。とてもサックスが上手な方だったのです。一緒にお仕事をしていた時には、とても可愛らしいデザインの外車で通勤をしていました。

このメンバーの外車で、よくお仕事が終わってから賃貸マンションまで送ってもらっていました。この方は、いろいろなお仕事を手伝っていたようです。引越しをした時にも手伝ってくれましたので、とてもお世話になったのです。年も近かったので、仲が良かったのです。お店で一緒に撮影した写真もたくさんあります。とても楽しい職場でしたので、よく覚えています。このお店で自分が使っていた名刺も一緒に保管しています。今でもサックスの演奏をしているのかな、と思いました。

 

もらった名刺をどうしてる?

職種によって頻度は異なりますが、企業に勤める上でお客様やスタッフ同士の名刺交換の機会は必ずあるものです。勤続年数を重ねたり大きなプロジェクトが終わった後、気が付くと未整理のままたまってしまうことはないでしょうか?ある程度の量がたまったら、お会いする頻度の低い方のものから処分してしまうのもよいでしょう。

ですが、ただ処分してしまうだけでは連絡先もお名前もわからなくなってしまう…なんてこともありえます。今は便利な機能を搭載したアプリケーションが複数、しかも無料で手に入る時代です。スキャナーやカメラをつかって捨てる前に必要な情報を撮影しておきましょう。スマートフォンにはお名前や住所の文字を撮影するだけで、画像と文字を認識・解析し、写真とテキストデータを保存してくれる便利な機能がついたアプリケーションも存在しています。デジタルデータにすることで、メモを書き込むこともでき頂いた方の特徴やいつ交換したかなどの情報を添付することも可能になります。

お使いの機種や欲しい機能に合ったものを検索して見てはいかがでしょうか?また、世間にはすでにスマートフォン自体が名刺になるアプリケーションも公開されています。印刷や持ち運びの手間が不要なので、いざという時に切れてしまった!なんてこともなくなりますね。整理に時間をかけていると紙媒体を使う時代が終わってしまうかもしれませんよ。

プライベート名刺とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

名刺といえば思い付くのが、ビジネスマン同士の挨拶の場面が一般的だと思います。しかし、近年仕事を離れた場面で名刺を使う人が増えています。いろいろなシーンで活用されるプライベート名刺とはどのようなものなのでしょうか。

名刺プライベート名刺とは、会社を離れたパーティーやママ友同士の交流の場、同じ趣味を持つ仲間とのふれあいの場所などで使われる名刺のことで、ビジネス用の名刺よりもくだけた内容を載せることができるのが特徴のひとつです。むしろ、ビジネス用の名刺のような形式的なデザインではインパクトに欠けて、印象に残らないかもしれないという恐れがあります。自分の個性が最大限に活かせるようなデザインを作るように心掛けましょう。こういった場面だけでなく、外国の方や高齢者の方との交流にも非常に強い力を発揮します。それは、写真やイラストを自由に入れることができるため、たとえ言葉を使ったコミュニケーションが難しい場合でも、趣味や特技などの自分の特徴を相手に伝えることができるためです。文字を大きくすることで、目が不自由な方にも対応できるというのも嬉しいところ。このように、さまざまな場面を想定しながらデザインを考える楽しさがあるのがプライベート名刺の最大の特徴と言えるでしょう。

人と仲良くなるのは、誰でも最初は緊張するものです。そんなときにプライベート名刺の存在があれば、人生がより一層豊かになりそうな気がします。プライベート名刺について知りたい人の力になれるページを書かせていただきました。是非ご覧下さい。

 

名刺について思うこと

名刺について、私が感じたことをお話します。私は仕事をしているときは、それを必ず持っていました。そして、必ず誰かに会ったときは、その名刺を渡していました。ですから、名刺は自分の体の一部のように、感じていたのです。そして、名刺をたくさん作成しているのですが、会った人に渡していると、すぐになくなってしまいます。ですが、なくなった時に、私は名刺の作成をいいものにしていったのです。

それは、名刺をもらったときに、これはいいと思うものについて、次に作るときに、採用しようと考えていたのでした。そして、それを繰り返し行っているうちに、すごく印象的なものを作成することができました。まず、色について考えました。そして、そこに記載する内容についても、会社を宣伝する内容を盛り込みました。裏も有効活用し、いろいろと宣伝をいれたのです。その結果、名刺を渡したときに、必ず私の名刺について、感想をいってもらうことができたのです。

 

世にも珍しい赤い名刺

皆さんは名刺の色から何色を想像しますでしょうか。多くの場合、白い紙に何色かの文字が印字されている事がほとんどです。それならば、赤い名刺を見た事はありますでしょうか。少なくとも、私は有りません。ですが、現実にその名刺は存在します。赤い紙に会社情報などを掲載するのです。かなり珍しいパターンという事だけは断言できます。中には、赤い名刺のど真ん中に自分の名前のイニシャルを印字するタイプも有ります。仮に私の名前が佐藤でしたら、赤地の紙のど真ん中に大きな字でSと書いてあるタイプです。少なくとも、相手にインパクトを与える事だけは確実です。

特に、会社名だけは覚えていながらも担当者名は覚えていないというケースは多々有るものです。相手に名前を覚えておいて欲しい場合などには有効なタイプです。何も赤に限りません。中には黒い名刺も実在します。黒地の紙の左側に、あなたの名前が大きく印字されるタイプです。この場合は、名前のフォントが意外と重要な事が多いものです。和風なフォントで書くと、どことなく和風魂のようなものを相手に与える事なども可能なのです。オーソドックスな白色の名刺は無難ではありますが、このように色で相手にインパクトを与える作戦も有るのです。